アピストを水草水槽で飼おう!!

Yossyのアクアライフまいどっ!! Yossyですニコニコ

只今「ジブリウム発表会」
スピンオフ新企画「ロード オブ ザ コダマ 『旅の途中』」絶賛開催中


そしてこちらもポチっとねラブラブ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


      ありがとぉ~キスマーク
                  以上CM



このところ、ゆきこむブリードのディアマンテ稚魚ズが全国に拡散する気配を見せていますが、
アピスチャンな僕はこれを機会に「アピストを水草水槽で飼おう!!」というスローガンを掲げたいと思います。

「アピストグラマって難しいんじゃない?」
「水質にうるさくて低pHを維持しなきゃいけないから水草水槽では飼えないんじゃない?」
「繁殖も難しいんじゃない?」

こういう感想をお持ちのあなた!
有る意味正しいけど有る意味間違っています。

アピストグラマは南米の川に棲んでいるシクリッドの仲間です。
ですので種類によって、また産地によって飼育に適したpH が違います。

僕が水草水槽でお勧めするのは弱酸性から中性の水質で飼育できる種類です。
僕が飼っている種類はアピストグラマ・アガシジ アピストグラマ・カカトゥオイデス アピストグラマ・エレムノピゲの三種です。
これらのアピストは水草の育成に適した水質で充分綺麗に育ち、繁殖も可能です。

そして、水草の中を泳ぎまわる姿はとてもうっとりします。

アピストグラマ・カカトゥオイデス


この魚はこの水槽で去年生まれた稚魚が育ったものです。
いわゆるF1という世代ですね~

おとーさん


この水槽は「反転色彩水槽」として主に赤系の水草を育てています。



アピストグラマ・アガシジ


この水槽は「ブライトリー陰性水槽」として陰性水草を高光量下で育てています。


アピストグラマ・エレムノピゲ「ディアマンテ」ゆきこむブリード


餌を頬張っています


この仔たちはこの熱帯密林水槽で育てていきます。



このように水草をいっぱい植えている水槽でアピストを飼い、繁殖を狙うのは、むしろ初心者向きなのではないかと思います。


その理由として、
*水質の大きな変化が少ない
*水替えを長期間しなくても維持しやすい
*アピストの餌となるプランクトンが発生しやすい
*水が汚れにくい
こういうメリットがあります。
もちろん水草水槽として充分安定しているという条件下ですが。


稚魚が母親に守られて遊ぶ姿を見れるのもアピスト飼育の醍醐味です。



「アピスト飼ってみよーかな」って思った方はポチッとしてコメントをグッド!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
スポンサーサイト

ゆきこむブリードのディアマンテ稚魚ズ

Yossyのアクアライフまいどっ!! Yossyですニコニコ

只今「ジブリウム発表会」
スピンオフ新企画「ロード オブ ザ コダマ 『旅の途中』」絶賛開催中


そしてこちらもポチっとねラブラブ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


      ありがとぉ~キスマーク
                  以上CM



昨日の事でした、繁殖女王ゆきこむちゃんからメールが

「ディアマンテ、送ったよー   明日の朝には着くよー」

って。。。。

僕は嬉しさのあまり

発熱。。。。



昨夜はラジオの公開録音のお仕事
お仕事中も

発熱。。。。上がってるし・・・・



そして今朝

届いたぁ!!


中身は


温度合わせのため熱帯密林水槽へ

ぼちゃ~ん



そして適当に仕事して

点滴方式で水合わせ

左側はミナミヌマエビの稚エビです。

しばらくすると

水合わせをしているチューブに入り込み


どんどん上っていきます

チューブの中は100%水槽の水。。。
水合わせの意味がないよね・・・

水あわせが済んだら
水槽に産卵ボックスをセットして

ミナミヌマエビとディアマンテ稚魚ズを投入

岩の下に隠れていますが


少しするとあちこち探検しだします


明日には馴染むでしょう。



なぜいきなり水槽に入れないかというと

稚魚の状態把握をしやすい
うちの人口餌に慣らす作業がしやすい
集中的に給餌出来るので成長が良い
稚魚を取り出しやすい

というメリットがあるのですね。


まさにVIP待遇ですね~


そしてやや落ち着いたところで餌を入れてみると

水面まで上がってパクついている。。。



恐るべし

ゆきこむ…ジャナカッタ ゆきこむブリードの食い意地!!

早く水槽に放したいのですが、ぐっと我慢して、しばらくこの状態で大きくします。


おとーさんはこんなに男前です



「餌を食べたら一安心」って思った方はポチッとしてコメントをグッド!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

和蘭式水草水槽のお手入れ

Yossyのアクアライフまいどっ!! Yossyですニコニコ

只今「ジブリウム発表会」
スピンオフ新企画「ロード オブ ザ コダマ 『旅の途中』」絶賛開催中


そしてこちらもポチっとねラブラブ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


      ありがとぉ~キスマーク
                  以上CM



今日は朝から時間があったので「和蘭式水草水槽」のお手入れをしました。

まずはツーテンプルを引っこ抜いて


根っこが出ている一番上からカット


少し奥に差し戻します。


そして水中葉に移行しているリシマキアの脇芽を取り芽します。


節ごとに根っこと脇芽が出ているので根と脇芽をワンセットにして脇芽のすぐ上の茎からカット


これを元の場所に植えて


ルドージア・グリーンも脇芽のすぐ上の茎からカット、ピンセットで押さえると簡単にカットでき撮影も出来ます。


ルドーシア・スーパーレッドも


脇芽の節ごとにカットして差し戻します。


ディディプリスも水上葉部分が枯れているのでカットして差し戻します。
この水草は水中になじむまでが難しくて結構溶けたものもありました。


ロタラ・コロラタとグリーン・ミリオフィラムもカットして差し戻しました。


そしてこんな感じに

びふぉー


あふたー



水草だけでレイアウトするのはとっても難しいです。
今はまず水草を増やしていく段階なので、こういうお手入れを何度かします。

この水槽は来週まで液肥添加を止め、次の実験に取り掛かろうと思います。



「これをめんどくさく思っているようじゃダメね」って思った方はポチッとしてコメントをグッド!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

増岡ファーム液肥実験stage1の意外な結果

Yossyのアクアライフまいどっ!! Yossyですニコニコ

只今「ジブリウム発表会」
スピンオフ新企画「ロード オブ ザ コダマ 『旅の途中』」絶賛開催中


そしてこちらもポチっとねラブラブ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


      ありがとぉ~キスマーク
                  以上CM



先週から行っていた増岡液肥の添加実験ですが思わぬ結果に・・・

まず実験の概要は
対照実験として無添加5日間(計測4日間)
液肥添加5日間(計測4日間)
その後の変化を計測(3日間)


対照実験として液肥無添加でロタラ・コロラタの成長状況は
実験開始前


無添加5日目


4日間で2.5cm

そして
液肥を底床下に添加した成長状況は


4日間で・・・・ほぼ成長無し!

なんだ?

この状態は?

と思って良く観察してみると
脇芽がバンバン伸びていました。


そしてさらに3日後


成長状況は約2.0cm

苔の状況は
実験開始日


5日後


さらに3日後

むしろ減っている感が・・・


このことから考察すると以下の事が


もともと成長に必要な養分は底砂に充分あり、液肥無添加でも一定の速度で成長していた。
液肥を添加して、増えた養分の消費を脇芽の成長へと振り換えられた。
吸収した養分が活用されるにはタイムラグが有り、全体の成長に伴って養分の要求量が増えた。

植物が生長していく最大の目的は種の保存という命題です。
環境が整えば、より多く開花させるためにどんどん脇芽を伸ばして、花芽を付けようとします。
水槽内の養分が充分なのかどうかを知る手がかりとして脇芽を伸ばすかどうかが一つの指標となるかも知れません。

また苔も水草が吸収する養分量の増加によって減っていく。



今回の実験では予想していた変化ではない事象が起こりました。
実験の方法を再検討してstage2へ進みます。


では実験開始からの全景の変化を

実験開始日


5日後


さらに4日後


この水槽は思っていたレイアウトとは違う方向になっているので、これから大きく水草の配置転換をします。


「水草って面白いね」って思った方はポチッとしてコメントをグッド!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

レイコン作品「もののけ水槽」最後の流木投入

Yossyのアクアライフまいどっ!! Yossyですニコニコ

只今「ジブリウム発表会」
スピンオフ新企画「ロード オブ ザ コダマ 『旅の途中』」絶賛開催中


そしてこちらもポチっとねラブラブ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


      ありがとぉ~キスマーク
                  以上CM



昨日は東大阪のアクアテイラーズさんでオフ会があったのですが、僕個人的には今年のレイコン出品作品として創っている「もののけ水槽」に投入する流木を探していました。
残念なことにこれといったモノが無く(かっこいい流木は沢山ありました)何も買いませんでした。

そして今日は朝から役所回りをして、仕事中の相方を呼び出し、行きつけのイタリアンレストランでブランチ

「さいぜりあ」ですが・・・なにか?

ついでに堺泉北の「ひごペットフレンドリー」へ


はい、ここでイメージ通りの流木を見つけました

680円流木です。

そして以前買った流木を


右側奥に組み込み


今日買った流木をざっと洗って、ボルビをどけて、左側奥に

まだ単体では沈みませんが、他の流木と絡めて水中に沈めています。

びふぉー


あふたー


全景は斜めから


お気に入りの角度から


もうこれ以上流木を入れるのは不可能か。。。
「レイアウトは引き算」という声は全く聞こえません!!


「ホンマに最後なの?」って思った方はポチッとしてコメントをグッド!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

大阪オフ会

Yossyのアクアライフまいどっ!! Yossyですニコニコ

只今「ジブリウム発表会」
スピンオフ新企画「ロード オブ ザ コダマ 『旅の途中』」絶賛開催中


そしてこちらもポチっとねラブラブ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


      ありがとぉ~キスマーク
                  以上CM



行ってきましたよ~
「大阪オフ会」

僕はお昼にめうちゃんを待ち合わせの駅でピックアップ。
遠くから見てもすぐわかるミツカンブリーチ髪!

にゃんこのことが心配だったので車に乗り込んですぐその話を聞いて、まぁ一安心。
で、途中でバスキンロビンスによってアイスクリームを食べちゃった。

にゃんこの事や、めうちゃん自身の事、水槽の話などで盛り上がる、東大阪のアクアティラーズへ向かう楽しいドライブ

思ったより早く着いてしまったので二人して流木眺めたり、店内水槽を見たりして時間を潰していました。

そして集合時間になったので2階のカフェへと続く階段を上がると

見たことあるお子ちゃまが!

「すーママ」さんでした。

髪の毛のカラ―三つ編みが可愛いママさんです。

挨拶をしているうちにわらわらとみんな集まってきました。

とりあえず席に着くとしまだ。さん差し入れのお菓子とめうちゃんお手製のパウンドケーキを前に自己紹介を(飲み物はお店のご厚意でオール―フリーでした)


なんとなく僕からということで、自己紹介をしたらなぜか拍手が・・・

この儀式は最後の人まで続いたのだけど・・・学生時代みたいだった。


参加したのは

僕と、しまだ。さん すーママさんとすーさん親子 くまたん Beeeeeマルホイさん EMさん ガキさん ココナゴさん めうちゃん 遅れてたーさんの11人!

みんなそれぞれいろんな話で盛り上がっていました。

その後下の階の店舗を見て回ったり、喫煙コーナーでスモーキングトークしたり楽しい時間を過ごして

くまたんが脱落するというのでお店の前で記念写真を撮りました。



テイラーズさんには4時間ぐらいいて、最終的に僕とめうちゃんとガキさんとEMさんで晩御飯を食べにアメリカンなお店へ

ここのお料理は基本的にワンプレートなんだけど量が半端ないぐらい多い!!
まるでフードファイティングのようでした。


そのお店で解散となったのですが、楽しかったの一言では言い表せないぐらいでした。

これからも関西は熱くなる予感がします。



「直接会うと面白いよね」って思った方はポチッとしてコメントをグッド!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

オフ会の朝

Yossyのアクアライフまいどっ!! Yossyですニコニコ

只今「ジブリウム発表会」
スピンオフ新企画「ロード オブ ザ コダマ 『旅の途中』」絶賛開催中


そしてこちらもポチっとねラブラブ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


      ありがとぉ~キスマーク
                  以上CM



昨日の記事コメントでインドの師匠から「ウチのエリスルラ(リオ・マモレ)ももらってくれない?インドから持って帰りますよ。」とのありがたぁ~いコメントが。。。

し、しかしお迎えする水槽が・・・

って思ってたら自宅にあるアガシジ水槽のお引っ越し後が!!

アガシジを掬い出した後、放置された水槽を綺麗にやり直しました。


まず流木を取り出し左側の水草をトリミング




流木から南米モスをはずして配置位置を決めて


ここでコーヒーとチョコでブレーク(ゆきこむ流)


モスがこんな伸び方に


南米モスを巻きなおし、ボルビをトリミングしてタイラップでくくりつけ


配置して、ミクロソリウムとピンナディフィダを流木の間に差し込み


作業終了

こうなりました

びふぉー


あふたー


これで、インドの師匠からのミッションを遂行します。


さぁ!!

オフ会だぁ!!



「テンションあげあげだねっ!!」って思った方はポチッとしてコメントをグッド!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

チャムコン出品作品の準備

Yossyのアクアライフまいどっ!! Yossyですニコニコ

只今「ジブリウム発表会」
スピンオフ新企画「ロード オブ ザ コダマ 『旅の途中』」絶賛開催中


そしてこちらもポチっとねラブラブ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


      ありがとぉ~キスマーク
                  以上CM


皆さんのご意見で今回のチャームさんの「レイアウト水槽フォトコンテスト」に応募しようとしている「熱帯密林水槽」ですが応募締め切りまで後40日を切りました。

この水槽は「ニューラージパールグラスとウイーピングモスが枝垂れ、ピンナディフィダが生い茂る熱帯のジャングルを表現する」というコンセプトで「南国バカンス水槽」をレイアウトしなおして造りました。
一時アオミドロも発生しましたが、食欲旺盛な飛び狐さんのおかげでそれも出なくなり、苔の発生も落ち着きました。

そして来週あたり繁殖女王「ゆきこむ」ちゃんからこの水槽の主役、「アピストグラマ エレムノピゲ ”ディアマンテ”」のF1(初代稚魚)が到着する予定です。

稚魚ズをお迎えしたらあまり手を入れたくないのでレイアウトの基本的な配置を完成させます。


まずは 流木を水槽から取り出し、前景のニューラージパールグラスもほぼ生え揃ってきたので肥料過多対策のロタラを引っこ抜きました。


引き抜いたロタラは明日のオフ会で「すーママちゃん」にプレゼント


そしてガラス面の苔をお掃除


水換えをしている間に


取り出した流木から


ウィーピングモスを少々引き抜き


給水がすんだところで流木を戻し、追加の後景用流木を仮置きして、モスを巻く場所を確認


流木を取り出してウィーピングモスを巻きます。


モスを巻いた流木を配置してピンナディフィダをストック水槽から移植
このときは上から見て流木の隙間に差し込んでおきます。



そして作業終了

びふぉー


あふたー



この水槽はレイアウトを楽しむと同時にアピストの飼育繁殖水槽という意味合いを持った水槽です。
産卵場所となる洞穴付き溶岩石も仕込んであります。

ですので長期間レイアウトを変更することは多分ないでしょう。
そこで時間の経過と共にピンナディフィダがどんどん生い茂り、ますます密林感が出るようにして、経年変化を楽しめるように作りました。。
また前景のトリミングやガラス面の苔取りも流木を取り出せば簡単に出来るようになっています。

しかし、チャムコンの出品期限に僕が思い描くほどピンナディフィダが生い茂るのでしょうか?
まぁ間に合わなかったら「反転色彩水槽」もあるので焦ってはいませんが。。。



明日2月23日14時から東大阪の「アクアティラーズ」さん2Fカフェで大阪オフ会します。
お時間があれば是非参加してください。


「間に合わないだろーなぁ・・・」って思った方もポチッとしてコメントをグッド!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

ブセの岩窟

Yossyのアクアライフまいどっ!! Yossyですニコニコ

只今「ジブリウム発表会」
スピンオフ新企画「ロード オブ ザ コダマ 『旅の途中』」絶賛開催中


そしてこちらもポチっとねラブラブ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


      ありがとぉ~キスマーク
                  以上CM



昨日、無事にお引越しを終えたアピストグラマ・アガシジのペアですが、落ち着いたようです。

メスはブセを置いてあった岩の隙間に入ったり出たり。
オスもその傍でアピールしています。


そこでブセを活着させている岩の下の隙間を大きくしました。

ブセの活着小石を取り出して


ストックしてある溶岩小石で


スペースを作って


ブセの活着小石を組み上げて行きます

結構育ってます

こんな感じになりました



全景は


デスクでPCを触っていてもすぐ目の前にはこうして見えます


アピストは流木の裏や岩の間に産卵します。
このブセの岩窟が気に入ってくれると嬉しいですね~


だんだん色が戻ってきました。



「ブセのお宿なんて贅沢ね」って思った方はポチッとしてコメントをグッド!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

アガシジ夫妻のお引越し

Yossyのアクアライフまいどっ!! Yossyですニコニコ

只今「ジブリウム発表会」
スピンオフ新企画「ロード オブ ザ コダマ 『旅の途中』」絶賛開催中


そしてこちらもポチっとねラブラブ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


      ありがとぉ~キスマーク
                  以上CM



自宅水槽のアピストグラマ・アガシジのペアですが、どーにも上手く繁殖させられません。
そこでもっと手のかけられる仕事場にお引越しです。

まず、「ブライトリー陰性水槽」からアピストグラマ・カカトゥオイデスの最後のF1で親候補の稚魚を掬いだしてストック水槽へ

水合わせ中


ストック水槽内に産卵ボックスを入れそこで強化餌で育成します。


餌をやってみると水面まで上がって喰らいついていました。


同時にアガシジペアも「ブライトリー陰性水槽」の水で水合わせ


ちょっと緊張しているかなぁ。。。


そして水槽へ


2時間ほどすると落ち着いたみたいでオスがメスにアピールし始めました。


餌をやってみると、こっちも水面に上がって食べています。
まぁ一安心ですね。


この姿をいつでも目の前で見られるのはとっても嬉しいです。


もっと早く移せばよかった。。。

全景は




「新居では倦怠期も吹っ飛ぶのね」って思った方はポチッとしてコメントをグッド!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
プロフィール

YOSSY

Author:YOSSY
大阪を拠点に音響屋さんやってます
たまにステージに立ちます

アクア歴29年
アグレッシブなアクアライフを送ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
フリーエリア
Instagram
過去のレイアウト
いんすたぐらむ
アクセスカウント
オンラインアカウント
現在の閲覧者数: