壁面フィルター水槽のレイアウト

Yossyのアクアライフまいどっ!! Yossyですニコニコ

只今「第2回ジブリウム発表会」参加作品受付中



詳しくは→こちら

そしてこちらもポチっとねラブラブ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

      ありがとぉ~キスマーク
                  以上CM



今日は朝から時間が少しあったので壁面フィルターを仕込んだモスウォール水槽のレイアウトを完成に近づけます。


この水槽はエアリフト式の壁面スポンジフィルターを使っているのでCO2の添加はしていません。

だけど

ニューラージパールグラスをスポンジの上部に置いてたら


壁面にまで進出


これはこれで面白ぴので置いておきます。

ウオーターローンも地味に育っています(Co2無添加なのに)



そしてレイアウトを触る前に流木を取り出し


南米モスを巻き巻き


元に戻したら新しい流木を


追加して、ストック水槽からボルビティスを持ってきて


流木に挟み込んでおきます



さらに小枝流木を


追加して



ウオーターローンでも育つのだからとコブラグラスも


植えてみました



そして完成

びふぉー


あふたー



この水槽ではCo2無添加で前景草が育つかという実験や生物濾過に重きを置いて極力水替えをしないようにしています。
この先どうなっていくのか楽しみです。



「根っこが壁を這っているみたい」って思った方はポチッとしてコメントを・・・
       「毎日やでっ!! 忘れんといてやっ!!」グッド!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
スポンサーサイト

「和蘭式水草水槽」を秋バージョンに

Yossyのアクアライフまいどっ!! Yossyですニコニコ

只今「第2回ジブリウム発表会」参加作品受付中



詳しくは→こちら

そしてこちらもポチっとねラブラブ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

      ありがとぉ~キスマーク
                  以上CM



今日は昼から夜中まで音響のお仕事があります。
めっちゃいい天気なのに。。。
しかも朝から仕事場にこもってラジオ番組の特番制作。。。

win7に切り替えたら編集ソフトがバージョンアップして使い勝手に戸惑います。


ノイズ除去やイコライジングなどの基本処理にかなりな時間がかかるのでその間にちょっと「和蘭式水草水槽」を秋バージョンにしました。



伸びすぎた水草をカットして


差し戻し


ストック水槽から水草を足して

完成

びふぉー


あふたー


このまま2週間ほどで秋バージョンが完成する予定です。

赤と緑の対比がきっときれいになると信じています。


今夜は遅くなりそう・・・
そしてそのまま京都で一泊。



「紅葉の時期もすぐだものね」って思った方はポチッとしてコメントを・・・
       「毎日やでっ!! 忘れんといてやっ!!」グッド!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

ロード オブ ザ コダマ 「帰還」

Yossyのアクアライフまいどっ!! Yossyですニコニコ

只今「第2回ジブリウム発表会」参加作品受付中



詳しくは→こちら

そしてこちらもポチっとねラブラブ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

      ありがとぉ~キスマーク
                  以上CM




西暦2013年アクアリウム界に突如催された「ジブリウム発表会」
それは歴戦の勇者達によって14日間も繰り広げられた熾烈な戦い
この戦いは今もまだ「無血の14日間戦争」として語り継がれている
そしてその戦いの中で生み出された「タカチンコダマ」
これはその「タカチンコダマ」の旅の物語である

       





タカチンコダマがどのようにして生まれたのかという物語は「誕生! タカチンコダマ」という伝説に詳しく記されている。
かの「無血の14日間戦争」において世にその能力の高さを知らしめたのがこの記録画像である



旅の物語は「タカチンコダマ」の秘めたる能力に気づいた独りのブロガーが、これを全国の勇者に渡そうと始めたことから始まる
その能力とは『どんな水槽もジブリウムに見える』である。



タカチンコダマは旅の仲間と共に日本全国の水槽をジブリウムに変えてきた。
その変遷をあらためて見てみよう。

まずは妖精ムミ
本人はいたって真面目に生きているつもりだが、いつのまにかなんとなくスベる天性のボケ


次は北の勇者ハニ
その卓越した統率力で北の戦士を纏め上げ一大勢力とする、現在コケ、藻、油膜と交戦中


そして東の繁殖女王ユキ
意図せず何でも繁殖させてしまう魔法の水を持つ、その王子は3歳を前にして「でぃぇんぎんまんずぅずぅ」を従者に・・・


次はアクアの錬金術師Bankin
彼の手によって作り出されるアクアアイテムはその完成度の高さゆえDIYの至宝とされる


次に南の女流詩人koto
彼女の言葉は命を吹き込まれ聞く人読む人の心に沁み込む、歳の離れた姉妹がいるらしい・・・


さらに東の図案師ミネ
数々の紋章を創作し、その卓越したデザイン性はレイアウトで見事に発揮されアクア界の憧れである


そして西の戦士ゴルオ
賢者と共に西域で修行する若き戦士、知識技術の吸収力に優れ、現地調査能力は抜群


さらに謎のコンビくまたん&ほーりー
彗星のごとく現れ、コンビ間の連携でブログ界を席巻、キャラの可愛さと裏腹にエロい暗黒面を持つ



次は西の魔女シマーダ
その魔的な魅力によって次々と手下を殖やし西の賢者YOSSYとともに西域一帯を支配している
東の刺客「やわらかい鉄砲玉」をあっという間に懐柔した伝説は今も広く語り継がれている。



そして次に仲間に加わったのが北の勇者ぐっさん
北の勇者ハニがキングとして君臨して後その勇者の座を守っている、本体は「メガネ」



その後コダマはやや南に下りイーストノースの白い小悪魔にゃろたんのもとへ
そのキュートな風貌とは裏腹にシリンジを突き刺し悪魔の液体を注入する技を持っている。



次に仲間となったのは北の従者ゲイル
北のキング、ハニに従い、その勢力拡大に大いなる貢献をする



そして、コダマは新人勇者ワッタンのもとへ
新人ながら豊富な経験でアクア界のニューリーダーと噂されている。



そして若き幻術修行者マシト
その若さゆえの修行ぶりは火傷をも厭わぬ「熱湯下半身浴び」の荒行有名となり、ついに悟りを開きつつあるらしい
そして動く絵を使い、コダマを異次元の世界へ誘った事は世界を震撼させた

その動く絵はこちらじゃ

マシトの次は若き勇者DAIGO
いま彼は次なる高みを目指して修業に明け暮れる日々を過ごしておる


そしてついに賢者YOSSYのもとに帰ってきた!!



そこでまたもや何の変哲もない水草水槽をあっという間にジブリウムに変えてしまった!!

その様子がこうじゃ!!

びふぉー


あふたー


どうじゃ?
「タカチンコダマ」の威力は?



まだまだ旅を続けるらしいので仲間に加わりたい人、もう一度「タカチンコダマ」の威力を見たいという旅の仲間は「oharico07あっとまぁくGメールどっとこむ」かコメント欄に申し出てくだされ。



「遊んでないでトリミング!!」って思った方はポチッとしてコメントを・・・
       「毎日やでっ!! 忘れんといてやっ!!」グッド!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

わかってるけど。。。

Yossyのアクアライフまいどっ!! Yossyですニコニコ

只今「第2回ジブリウム発表会」参加作品受付中



詳しくは→こちら

そしてこちらもポチっとねラブラブ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

      ありがとぉ~キスマーク
                  以上CM



わかってるねん!



やらなあかんねんよね。。。



わかってんねん。。。



せなあかんことぐらい・・・


トリミングやろ?




せやけど・・・




めんどくさいねん!!


「こんな気分あるよね」って思った方はポチッとしてコメントを・・・
       「毎日やでっ!! 忘れんといてやっ!!」グッド!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

「日本全国おスベリ隊が行く」

Yossyのアクアライフまいどっ!! Yossyですニコニコ

只今「第2回ジブリウム発表会」参加作品受付中



詳しくは→こちら

そしてこちらもポチっとねラブラブ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

      ありがとぉ~キスマーク
                  以上CM



「ジブリウム発表会」のスピンオフ企画として発生した「日本全国タカチンコダマが行く」という企画をご存知ですか?

これは「たかちんの水草水槽とお昼のおかず。」というブログの管理人「たかちん」が去年のジブリウム発表会に参加してくれた際に、自作した「コダマ」がとってもすばらしい出来だったので、発表会が終わってから僕のところにちょっと分けていただき、自分の水槽に入れてみたところから始まりました。
そして日本全国のアクアつながりの友人たちの水槽に「タカチンコダマ」が巡回するようになったのです。
この企画に乗じてまたまた発生したのが「日本全国おスベリ隊が行く」というもの。

これはタカチンコダマとともに旅をする雑多なフィギュアたちの一団です。


そしていつしかタカチンコダマを使って水槽をジブリウム化する人はこの一団でひとつの記事を書くという慣例が出来上がりました。

僕はいまだそれをしたことがなかったので初めての試みとなります。


では その物語をどうぞ・・・




「オスッ!! おら、カカトゥ!!  やさしい綺麗なおねーさんのところで暮らしてんるんだけど、なぜか昨日変な夢見たんだぁ。。。」



こんなのが出てきてさ・・・

「さ、さむいわ… 私、ガーコよ、今は魂であなたの頭に入り込んでるの。 暗いわ… ねぇ、私の身体、知らない? 暗くて冷たいところにあるのよ。。。 でもそれがどこか判らないの・・・ あなた探してきてぇ~」
$Yossyのアクアライフ

なんて言うもんだから、おらびっくりして飛び起きちゃった!!
だからおらの師匠の所に相談にいったんだ。



そしたらさ、こんな姿に変えられちゃった・・・


なんだか動きにくいけど、この姿のほうがあちこち行き易いんだってさ。。。




「お~い!! おらカカトゥ!! こんな奴$Yossyのアクアライフ見なかったかぁ?」


「え?知らないって。。。」

「お~い!! おらカカトゥ!! こんな奴$Yossyのアクアライフ見なかったかぁ?」


「知らないって。。。 しかたねーな・・・ ありがと」

「お~い!! おらカカトゥ!! こんな奴$Yossyのアクアライフ見なかったかぁ?」


「。。。。。。。。。。。。。。。。」

「お~い! お~い!! 聞こえないのかな・・・」

「あっ!! 耳が無かった!! ごめんごめん、居そうに無いからほか探すよ・・・」」


「ねぇねぇ 君たちぃ~  おらカカトゥって言うんだけど こんな奴$Yossyのアクアライフ見なかったぁ?」



「何よあの人、変な髪の毛・・・ダサいわねぇ。」
「ちょっと、話しかけないでよ!!」
「そうよ、あたしたち久しぶりの休暇なんだから!!」


「ちぇっ!! しかたねーなー。。。 おら、あのタイプ苦手なんだ…」
「お~い!! おらカカトゥ!! こんな奴$Yossyのアクアライフ見なかったかぁ?」

「知らないね、ここらあたりは危ないから、とっとと消えなっ!!」


「ぜんぜん見つからねーな。。。」

「お~い!! おらカカトゥ!! こんな奴$Yossyのアクアライフ見なかったかぁ?」

「ばぶばぶ」
「ばぶばぶ」




「だ、だめだ。。もう帰ろ・・・ おら疲れちゃったよ。。。」



「寒いわ。。。 ここなのよ!!
 暗くて怖いわ・・・
 誰か助けて。。。」



「ここよー」



「天丼。。。 食べたい・・・」





「おスベリ隊が居るってことは!! 帰ってきたのね!!」って思った方はポチッとしてコメントを・・・
       「毎日やでっ!! 忘れんといてやっ!!」グッド!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

夏を越えてシダのお手入れ

Yossyのアクアライフまいどっ!! Yossyですニコニコ

只今「第2回ジブリウム発表会」参加作品受付中



詳しくは→こちら

そしてこちらもポチっとねラブラブ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

      ありがとぉ~キスマーク
                  以上CM



昨日から京都に来ていますが、家を出る前にシダのお手入れをしました。
この水槽のミクロソリウムもボルビティスも今年はシダ病に置かされずに夏を越えましたが古い葉がかなり傷んできていました。



そこで水槽からボルビとミクロソを取り出し


ガラス面をお掃除


ちょっと流木の配置を変えて


ボルビを


古い葉をカット


ボリュームが半分に。。。


そしてミクロソリウムも


バッサリとカット



カットしたボルビティスは流木に対して水平にゼンマイが出るように隙間に挟みこんでいきます


こうしておけば自然感が出る繁茂を得られます。


ミクロソリウムも同じように水平になるよう流木に括りつけて配置


こうなりました

びふぉー


あふたー


かなりスッキリとし過ぎたかな・・・

でも2か月もすれば元通り葉っぱが伸びてきます。


斜めから観たら




「こんなにカットして大丈夫?」って思った方はポチッとしてコメントを・・・
       「毎日やでっ!! 忘れんといてやっ!!」グッド!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

水草水槽立ち上げ必勝法

Yossyのアクアライフまいどっ!! Yossyですニコニコ

只今「第2回ジブリウム発表会」参加作品受付中



詳しくは→こちら

そしてこちらもポチっとねラブラブ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

      ありがとぉ~キスマーク
                  以上CM



やってしまいましたね~
えらいタイトルを付けちゃいました。。。

この前いつものLINEグループでこういう話題が出たのでちょっとまとめてみました。

以後の記事内容はあくまでも僕個人的な見解なので正解かどうかはわかりません・・・と逃げを打っておく。



それでは立ち上げ必勝法を


◇底床はソイルを使う
ソイルには吸着系と栄養系の2種類があります。
僕は基本的に吸着系のソイルをベースに栄養系のソイルを、肥料が多く必要な水草の植栽部分に使っています。
これは立ち上げ当初から安定するまでの期間の、植栽直後でまだ根がしっかりと張っていない時期に水中の養分を少なく保ちたいからです。
吸着系のソイルにはブレイク(保肥力が落ちて水中に分解された栄養分を放出して水を汚す)という現象があるといわれていますが、水草水槽でそういう現象を感じたことがありません。


◇立ち上げ時には水槽の底面積の70~80%以上の面積に水草を密植する。
これが一番重要なことなのです。
水草レイアウト水槽を造るときに陥りがちな失敗は「最初に植える水草の量が少なすぎる」ということが多いです。

「ま、そのうち成長して殖えるし」
とか
「植えたい水草が高くて予算が無い」
とか
「前景部分を広く取りたい」
とか
「岩組みレイアウトで背の低い匍匐性の水草で絨毯を作りたい」

これらの理由で水槽の面積に比べて圧倒的に水草の量が少ない場合が多いです。
植える水草が少ないと当然初期の肥料消費が少なくコケ発生の大きな要因となります。
また水草の根には様々な細菌が付着して窒素や燐酸、ミネラルなどを植物に取り込むお手伝いをしています。
そしていわゆる濾過バクテリア(この表現は厳密な意味で間違っていますが、一般概念として定着しているのでここであえて使います)も水草にはたくさん棲み着いています。
これらの細菌の力を効果的に使えるようにたくさんの水草を植えるわけです。

レイアウトは立ち上げ時に完成するものではありません。
たとえば岩組み水槽でも前景部だけに匍匐性の水草を植え、そのほかのスペースは安い有茎草で埋め尽くし、安定したころから徐々に匍匐性の水草と入れ替えて最終的に岩と絨毯のレイアウトにすればいいわけです。

大体この水槽には底面積の75%の面積に水草が植わっています。



◇照明点灯時間を4~5時間にする。
コケの発生要因の一つが照明の点灯時間にあります。
普通に成長させるには4~5時間で充分です(Co2添加の場合は3時間でも可)
また立ち上げ時に出るコケの多くは水草が充分に光合成出来ない状態なのに照明を点灯していることが原因のようです。
照明は光合成に必要不可欠な要素です。
言い換えれば水草の状態が悪いときに光を当てても成長は見込めないということです。

この水槽は一日4時間の照明です


◇Co2の添加はやった方がいいけどやらなくても綺麗に育つ種類はたくさんある
Co2添加が必要な難易度の高い種類は確かに存在しますが、Co2添加が無くても綺麗に育つ水草はたくさんあります。
「気泡が観たい」方は添加してください。

この水槽はCo2無添加で、壁面エアリフト式スポンジ濾過システムのため常時エアレーションをしています。
Co2なしでもニューラージパールグラスも実験的に入れた有茎草も元気に育っています。


◇立ち上げから3週間は毎日or隔日に水換え
これは水中部の養分を極力減らすためと植えた水草の活性化を図るためです。
水換えの量は1/4でも1/3でもかまいません。

◇生体は3週間~ひと月後に投入
だいたいどんな水草でもこれぐらいの時期に根を張り始めています。
言い換えればこの時期までは単純に濾過機能が働いていないと考えます。
立ち上げ後の不安定な時期に生体が入っていないと全換水も出来ます。

◇肥料投入は生体を入れてから
水草の成長を早くしたい、元気にしたいなどの思惑で肥料投入することがあるかと思いますが、根が充分張っていれば、ソイルの肥料分で充分育ちます。
また多くの肥料がカリウム主体なので生体や残餌から供給される窒素分や燐酸が無ければカリウム添加の意味はありません。

◇完成を急がない
たいていの方が立ち上げ初期にコケの発生で上手くいかなかったと判断して、リセットしたりすることが多いですが、レイアウト水槽の完成には時間がかかります。
コケだらけの水槽はモチベーションも下がりがちで余計にメンテナンスが滞り「崩壊」という風に思われるかもしれませんが、コケが出なくなるまで早くて半年、通常9ヶ月はかかります。

立ち上げてから約2ヵ月半、完成まで後一年はかかりそうです。


と、普段と違って文章ばっかりの記事になってしまいました。。。
「こうしなければいけない」ということではなくて、「こうした方が失敗が少ない」と受け止めていただけたら幸いです。


「頑張って文章書いたね」って思った方はポチッとしてコメントを・・・
       「毎日やでっ!! 忘れんといてやっ!!」グッド!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

遊んでみた

Yossyのアクアライフまいどっ!! Yossyですニコニコ

只今「第2回ジブリウム発表会」参加作品受付中



詳しくは→こちら

そしてこちらもポチっとねラブラブ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

      ありがとぉ~キスマーク
                  以上CM


ちょっと時間があったのでこんなお遊びを

「お昼休みのフチ子姉妹」


「クララも来れば良かったのに・・・」


「カリオストロ城は何処だ?」


まぁこんな遊びの中でもレイアウトに重要なことが。。。

それは


「スケール感」

こうしてフィギュアを水槽に入れて眺めてみると


使うべき水草の種類やレイアウト素材の大きさがなんとなくわかってきます。



「次元さん、アガシジを撃たないでっ!!」



*注  フィギュアによっては生体に有害な塗料を使用している場合があります。
水槽に入れるときは充分注意してください。



「よっぽど暇だったのね・・・」って思った方はポチッとしてコメントを・・・
       「毎日やでっ!! 忘れんといてやっ!!」グッド!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

カカトゥ王子がやってきた!!

Yossyのアクアライフまいどっ!! Yossyですニコニコ

只今「ジブリウム発表会」
スピンオフ新企画「ロード オブ ザ コダマ 『旅の途中』」絶賛開催中



そしてこちらもポチっとねラブラブ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

      ありがとぉ~キスマーク
                  以上CM



今朝、仕事中にやおらドアが開き、「宅急便でぇ~す」との声が・・・

珍しく真面目に働いていて時間が無かったのでとりあえず、中身をプラケースに


アピストグラマ・カカトゥオイデスの幼魚です。


これはアピスト飼育つながりで「あさやんのAquatic style」の「あさやん」のところで生まれたカカトゥf1です。
この前、あさやんが里親探しをしていたので「うちのf1とペアリングしたい」って言ったら早速送ってくださいました。

その後時間が出来たので水あわせして「反転色彩水槽」へ


早速メスが寄ってきて威嚇しています。

そして水槽内に放すと


しばらくボーっとしていたのですが


なにやら不穏な行動を



そしてそれは違う形に


どうやら第一印象は悪かったのだけど収まるところに収まりそうです。

そしてここにいたうちのf1オスは


ストック水槽へ



この水槽にはカカトゥf1メスが20匹ほど入っています。
まさに「ハーレム」

とりあえず産卵場所を作るために
この容器を(これが何の容器であるかすぐ判る人は多いはず)


カットして


ストック水槽に半分埋めました


早速そばに寄ってくるメスにちょっかいを出すカカトゥf1オス



どっちの水槽でも繁殖をして欲しいです。


ありがとう!! 

あさやん!!


落ち着いてきたかな・・・あさやんカカトゥ



「お魚のやり取りもするなんてアクアつながりっていいね」って思った方はポチッとしてコメントを・・・
       「毎回、そして毎日サボるなよ」グッド!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

ブライトリー陰性水槽でトリミング(ミクロソリウム編)

Yossyのアクアライフまいどっ!! Yossyですニコニコ

只今「ジブリウム発表会」
スピンオフ新企画「ロード オブ ザ コダマ 『旅の途中』」絶賛開催中



そしてこちらもポチっとねラブラブ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

      ありがとぉ~キスマーク
                  以上CM



昨日の続きです。

今回はミクロソリウムのトリミング
この夏の間に若干シダ病にかかってしまいました・・・


外に出すとシダ病に侵された葉っぱはどす黒く変色しています


そこでミクロソリウムを水槽から取り出し


罹患した葉っぱや枯れた葉っぱを葉柄の根元からバッサリとカット


びふぉー


あふたー



ミクロソリウムは古い葉っぱや千切れた葉っぱに小株を出します



これを流木の破片などに括りつけておけばそのうち立派な株に成長します。

そしてカットした古い葉も水槽の片隅に沈めておいて小株を採ります。


今回の収穫


よく見るとボルビティウスやブセファランドラの小株も混じっていました
今回はこれらを「深山水槽」の滝と滝壺付近で水上化させます。

この話はまた今度。。。

今回のトリミングでこのようになりました

びふぉー


あふたー



デスクからの眺め




「カットした葉から小株が採れるのって良いね」って思った方はポチッとしてコメントを・・・
       「毎回、そして毎日サボるなよ」グッド!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
プロフィール

YOSSY

Author:YOSSY
大阪を拠点に音響屋さんやってます
たまにステージに立ちます

アクア歴29年
アグレッシブなアクアライフを送ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
フリーエリア
Instagram
過去のレイアウト
いんすたぐらむ
アクセスカウント
オンラインアカウント
現在の閲覧者数: