レイコン水槽で遊んでみる

LINEで手前の流木を撤去して、奥の水草を引っこ抜いたのを見てみたいというリクエストに応えるため



無事にレイコンへ応募を済ませた水槽でちょっと遊んでみた




これもこれでいいね



明日はこの水槽をリメイクしよかな。。。



来年のレイアウト構想を始動させたいもんね




「今から始動?」って思った方はポチッとしてコメントを・・・
       「毎日やでっ!! 忘れんといてやっ!!」グッド!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
スポンサーサイト

F3浮上

「反転色彩水槽で」で飼っているアピストグラマF2ペア




この前のトリミングをきっかけにどうやら産卵していたみたい・・・・




何やらいっぱいうごめいていると思ったら



浮上してた!




う~ん、50以上は確実にいるなぁ・・・



いつ見てもこの光景は見入ってしまう





とりあえずブラインシュリンプをやった





オスはパイプ裏に隠れているけど




酷いDVは受けていないみたい





まだ前景も植えていないのに・・・






このまま育ててF4狙う?




水草水槽でアピストを繁殖するのは意外と簡単なのよ




「なにはともあれF3浮上、おめでとう!!」って思った方はポチッとしてコメントを・・・
       「毎日やでっ!! 忘れんといてやっ!!」グッド!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

ソイル寿命の向こう側

昨日の記事でダッチアクアというスタイルについて触れたけど




コメントで水草の選択が難しいって言う言葉を戴いた



有茎草といっても色々性質が違ってそれらを一つの水槽で管理するのは確かに選択に成功のカギがあるのかも



で、この水槽の使用水草を紹介


Aグループ

1:ポゴステモン・デカネンシス(根張りが強くて底床貧栄養可)





2:ポゴステモン・メンメン(根張りが強くて底床貧栄養可)





3:グリーンミリオフィラム(根張りが強くて底床貧栄養可)





4:ロタラ・コロラタ(根張りが強くて底床貧栄養可)





5:ベトナムゴマノハグサ(根張りが強くて底床貧栄養可)





6:ツーテンプルプラント(根張りが強くて底床貧栄養可)





Bグループ

7:トニナ(根張りが弱くて底床冨栄養)





8:スターレンジ(根張りが弱くて底床冨栄養)





9:ルドウジア・スーパーレッド(根張りが弱くて底床冨栄養)





10:ルドウジア・インクリナータ「サンフランシスコ」(根張りが弱くて底床冨栄養)





こうしてみるとAグループ(根張りが強くて底床貧栄養可)とBグループ(根張りが弱くて底床冨栄養)に大きく分かれていて、根っこの張り具合と肥料の要求具合の因果関係が面白いよね



そしてAグループにはほとんど底床に施肥をしないし、Bグループには差し戻すときに深くイニ棒を埋めて差し戻す施肥の方法をとっている



カリウムは基本的にイニ棒、窒素とリン酸はたまにブラインシュリンプを多めに投入して、それで補給している



配置はこんな感じ



配置の基本は葉姿と色彩で決めている



このほか実験的に植えているものや、アクセントで植えているクリヌム・アクアティカ「ナローリーフ」、虻夫からの貢物アヌビアス・バルテリーや前景を埋めるために植えているコブラグラスがある



こういう風に施肥の違う水草を同じ水槽で管理するのはやっぱり底床に栄養分が無くなってからでないとかなり難しいと思う



そしてそうなると成長の遅いコブラグラスやアクアティカ、アヌビアスの葉っぱにコケがつかなくなるというメリットも派生するのよ




「ソイル寿命の向こう側」に達したら挑戦してみてね




「ブラインシュリンプって肥料だったんだ!!」って思った方はポチッとしてコメントを・・・
       「毎日やでっ!! 忘れんといてやっ!!」グッド!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

ダッチアクアというスタイル

今日は朝から蒸し暑いね



こういう時は水槽に手を突っ込んでいるのが一番良いわ



蒸し暑い部屋の空気を入れ替えながら



この水槽で涼をとる




クリヌム・アクアティカ「ナローリーフ」は邪魔なのでまとめて





一気呵成にトリミング





試しに植えてあったスターレンジも新芽を出していた!






こういう思わぬ発見が嬉しいのよね






この「和蘭式水草水槽」は戦後ヨーロッパで慣れ親しまれてきたスタイルを参考に創っている



ひな壇状に底砂を(ここではソイルを使ってる)敷きつめ幾何学的に区画を組み、主に有茎草を密植している



水槽底面積のほぼ100%に水草が植わっている



なので肥料をやるのも、水草の種類によってタイミングが違う



この水槽、一年半が経とうとしている



ソイルの寿命?



実は水草水槽ではソイルの持っている栄養分が無くなってから断然コントロールしやすくなる



「ソイル寿命の向こう側」って呼んでるのよ



一年もたたずにリセットをしてソイル入れ替えるのは本当の肥料コントロールを知ることが出来ないと思う



そして当然水中部分は貧栄養なのでほぼコケが生えない



そして意外とトリミング頻度は少ない



実は肥料をやるのも極端に抑えているのよ



そしてトリミング前のこの瞬間が一番好き





「いったい何種類の水草が!!」って思った方はポチッとしてコメントを・・・
       「毎日やでっ!! 忘れんといてやっ!!」グッド!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

ジブリウム製作準備

レイコン撮影がすむまでボルビティスが使えなかった「腐海水槽」




やっと次の段階へ



流木上部に植えていた有茎草もどうやら活着したみたいで





根っこが流木の上を這いだした



そこで有茎草の根元付近をカットして





いったん流木を取り出し






いまや「虻夫」と改名した「紅夫とベニ子の飼育係」の紅夫から貢がれた



この素焼きのベットルームを





セットして



ストック水槽からこの前作ったミクロソリウムの小株流木やロタラ・アンナミカを持ってきて植え込み



流木を戻し



レイコン水槽から採ってきたボルビティスを




流木の隙間に挟みこんで終了




こんな感じ






流木の上はこのまま有茎草が活着匍匐するのを待つ






流木下部分はクリプトがランナーを増やして密生するのを待つ





キングタイガーぺコルティアは流木の洞を住処にしているのよ






こうして夏を無事越えた頃には混沌とした「腐海水槽」が出来上がっている・・・はず



時間のかかる水草をたくさん使っているので少しでもスタートを早くしたかったのよね





「ジブリウムって何?」って思った方はポチッとしてコメントを・・・
       「毎日やでっ!! 忘れんといてやっ!!」グッド!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

今年もレイコン作品提出したよ~

昨日の記事でちらっと書いたけどレイコン作品を今年もwasabiさんに提出、応募した(字の上手下手は審査基準に無いよね?)




ネット上で応募手続きは出来るんだけど、毎年wasabiさんで応募してる



色々とこうした方が良かったというようなことや、来年に向けて新たな構想を話したり、応募する瞬間も楽しいひと時を持ちたいのよ




こんな感じで画像をチェックしてもらって




実は奥さんがめっちゃ可愛い・・・





ということで少しwasabiさんの店内を紹介





手前がマスターの応募作品水槽



細部まで神経が行きとどいた素敵なレイアウトやった!



水草販売水槽群





販売されている水草もめっちゃ状態が良い(すぐに色が抜ける水草も真っ赤っか)





ボトルアクアコーナー





むふふ、ここに昔作った「ほぼ0円で遊ぼう、ボトルテラとライトハンガー付き水槽台」を置いてもらっているのさ



そしてセレブな水槽「キューブガーデン・スペリア」+「アクアスカイムーン」On「キューブキャビネット クリア」水槽だけで15万円だなんて・・・




こんな感じのお店がそこら中に有ってほしいね~





この後京都のギャラリーで通常のお仕事を終え、爪のお手入れ(ギター弾くので)




え?



今年の作品画像?



ん~



仕方ないなぁ~



加工してみた







「レイコンって何?」って思った方はポチッとしてコメントを・・・
       「毎日やでっ!! 忘れんといてやっ!!」グッド!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

「ネイチャーアクアリウム」って

昨日、京都のお仕事へ行く前にwasabiさんで応募手続きした


今回は完成に2年弱費やしたので何とも言えない達成感


レイコンってお祭りみたいなものやからとりあえず参加しよって思って、一昨年初参加したけど


どうも僕が思っている「ネイチャーアクアリウム」とレイコンでのそれと違うみたいって気付いた


そして去年は作品制作が自分の思っている完成形とはほど遠かったので別のテーマで作っていたもので参加した


そして今年は自分の思い描いていたイメージが表現できた気がする


それはやっぱりレイコンで言うところの「ネイチャーアクアリウム」とは違うものになったけど・・・


順位は関係ないって去年まで思っていたけど、今年はどういう順位がつくのかものすごく楽しみ


使ってる水草も飼ってる魚もしっかりと育て上げた



レイアウトのコンテストだからそこまでこだわらなくて絵画のように創ればいいという考え方はたぶんこのコンテストにおいて正解なのだと思う



そういう創作を楽しむのも素敵なことだと思う



でも僕は「ネイチャー」にこだわりたい



人の手で創った水槽内に真のネイチャーは有り得ないということも知ってるけど



水が腐らず、3年もカーディナルテトラが暮らしてアピストグラマ・アガシジの繁殖個体が乱舞する水槽はある意味ネイチャーなのだと思いたい




そう、僕の考える「ネイチャーアクアリウム」とは魚や植物が水槽という限られた世界で寿命を全うし、次世代へ命をつなげることが出来る環境が維持できている水槽のことなの




「画像が無いのね」って思った方はポチッとしてコメントを・・・
       「毎日やでっ!! 忘れんといてやっ!!」グッド!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

しばらく見ない間にアピストが!!

自宅の「熱帯密林水槽」



レイコン撮影の方に集中していてしばらく見ない間に



なんか勢いがなくなってた




ガラス面を掃除して





左側のピンナディフィダを右側に移植した



この水槽はアピストグラマ・カカトゥオイデスF2が約30匹入ってるけど






しばらく見ないうちに



随分と成長してた!



もう少ししたらテリトリー争いが始まるやろな




なのでもっとレイアウトを複雑にせなね



この水槽のお気に入りオス





尾びれ先のチップがカッコイイよね


「アピストがいっぱいっ!!」って思った方はポチッとしてコメントを・・・
       「毎日やでっ!! 忘れんといてやっ!!」グッド!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

ブセファランドラふやし隊

巷で流行っている?



アクアレンジャーFIVE



隊員のブルーを務めてる






という遊びが流行ってる?





じゃなくて




今日はストック水槽のブセ





ここに入れて置くと調子が良いみたい




なので反転色彩水槽のブセも出してきて





切り離し!





合体





「ブセファランドラふやし隊」の結成や~




ブセファランドラは水流のあるやや硬度の高い水質が良いのだそうだ



ストック水槽には硬度を稼ぐため山の石を入れてある



だからきっとブセファランドラにとってはちょうどいいのかもね



「『渡り廊下はしり隊』思い出すな~」って思った方はポチッとしてコメントを・・・
       「毎日やでっ!! 忘れんといてやっ!!」グッド!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

飽きたわけじゃないの、刺激が欲しいのよ

「反転色彩水槽」はこのレイアウトが長い




そろそろトリミングかなって思って眺めているうちに



変えたい衝動に駆られ



引っこ抜く




引っこ抜く




植えかえて



こんなに風になっちゃった





前景部分どうしようかな~?




刺激的な前景考えよっと!



あ、ごめんね、お騒がせして



まだ産んでないよね?






「刺激的ってどんな前景?」って思った方はポチッとしてコメントを・・・
       「毎日やでっ!! 忘れんといてやっ!!」グッド!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
プロフィール

YOSSY

Author:YOSSY
大阪を拠点に音響屋さんやってます
たまにステージに立ちます

アクア歴29年
アグレッシブなアクアライフを送ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
フリーエリア
Instagram
過去のレイアウト
いんすたぐらむ
アクセスカウント
オンラインアカウント
現在の閲覧者数: