溶けにくいクリプトコリネの移植

クリプトコリネは違う水槽やショップからの移植の際にすでにある葉っぱが溶けることが多々あるん


移植先の環境に適した葉っぱを出すために一度すでにある葉っぱを落とすためなんやけど・・・


出来ればそうさせたくないよね~


ということでひと手間かける


この水槽から引っこ抜いてきたクリプトコリネは

3_20161030101239276.jpg



すぐに植えずに


水面に3日以上浮かしておく

4_201610301012410df.jpg


こうすることで新しい水槽の水質になじんで蕩けるリスクがかなり減るんよ


この方法で10月の初旬に移植したクリプトも溶けずに定着してるん

1_20161030101236117.jpg



根っこに付いていた子芋は

7_20161005103209e32.jpg



そのまま植えても大丈夫


その水槽に適した葉っぱを展開するからね~

2_20161030101238be9.jpg


植える時は古い根っこを巻き巻きして

5_20161030101242c35.jpg




巻き巻き部分をピンセットで挟み

6_201610301012567a0.jpg



植えたい位置より奥の部分に巻き巻き部分を埋めて

7_20161030101257ee6.jpg


手前に引いて埋め込むと抜けないのよ

8_20161030101258c0a.jpg



こうして新たに追加したった

9_20161030101258c1f.jpg
10_2016103010130119a.jpg


どう?



浮かせておくだけのリスク回避



簡単やろ?



買ってきたばかりのは絶対こうした方がええよ



 「そんな簡単なことで・・・」って思った方はコメントしてポチッとしてね
       「毎日やでっ!! 忘れんといてやっ!!」グッド!
みなさんの「ポチッ」のおかげでまたまた毎日更新頑張れるの。
謹んで、お礼を申し上げまする。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ

スポンサーサイト

ベゴニアコレクションケース

パルダリウム1にあったBegonia quadrialata ssp. nimbaensis



小株を採集して

8_20161029112929fc4.jpg



仕事場に移送して

7_20161029112927288.jpg



ハイドロボールを敷いたプラ鉢に水苔を入れ

9_201610291129307b0.jpg



根元を水苔で巻き巻き

10_20161029112932776.jpg



植え込んで

11_2016102911315294e.jpg




百均のコレクションケースに収納した

5_20161029094722e6a.jpg


これでこのケースは完了!!


中身は

Begonia fagifolia ベゴニア・ファギフォリア
ちっちゃな葉っぱで蔓性ではないねんけど壁面なんかに根を張ってツタのように使えるん
1_20161029094717d1c.jpg


Begonia jurau ベゴニア・ジュラウ
ファンクなフルキさんよりの戴きもの。 大きくなると濃い緑にピンクのドットがめっちゃ綺麗らしい・・・
この時点でも綺麗やけどね。
2_201610290947189ac.jpg


Begonia negrosensis ベゴニア・ネグロセンシス
初めて買ったベゴニア。ピンクドットに一発でノックアウトされたん。。。
3_20161029094719e87.jpg


Begonia polilloensis ベゴニア・ポリロエンシス
スカフーさんよりの戴きもの。 深い切れ込みの入った葉姿がとっても素敵だと思う
4_2016102909472188d.jpg


Begonia quadrialata ssp. nimbaensis ベゴニア・クアドリアラータsspニンバエンシス
強壮な園芸種でかなりでかくなるらしいけど・・・ うちでは小さくなってるん。
葉っぱの柄が気に入ってぽんぽこ村で買ったん
12_20161029113154cf6.jpg


これらベゴニア5種のコレクションケース

6_20161029121909df2.jpg



密封性も高くて、土台部分に水を張れるので、水を張ったらほぼメンテフリーなんよね


百均クオリティーとは思えんよね



 「かなりな優れものやねこのケース」って思った方はコメントしてポチッとしてね
       「毎日やでっ!! 忘れんといてやっ!!」グッド!
みなさんの「ポチッ」のおかげでまたまた毎日更新頑張れるの。
謹んで、お礼を申し上げまする。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ

ミクロソリウムの収穫~♪

ひと月ほど前に手入れして切り落としたミクロソリウムの葉っぱ



捨てずにストック水槽に入れておいたら



小株吹きまくり!!

1_20161029130537949.jpg


水槽から出して



広げて

2_201610291305382fa.jpg



大きめの小株を収穫

3_20161029130539729.jpg
4_20161029130541544.jpg
6_20161029130542a47.jpg



流木の端っこに

テグスで括りつけて

7_2016102913060103f.jpg
8_20161029130603699.jpg



こっとん大滝水槽の

9_20161029130604ab5.jpg



メタハラ直下に置いといた

10_20161029130606987.jpg



ここは以前ミクロソリウムがめっちゃ育った水槽なん

11_2016102913060781b.jpg



まだまだいっぱい残ってるけど

5_20161029130926fcb.jpg



もう一度ストック水槽に戻して



また今度収穫しよ~っと♪



 「捨てずに取っとくものね」って思った方はコメントしてポチッとしてね
       「毎日やでっ!! 忘れんといてやっ!!」グッド!
みなさんの「ポチッ」のおかげでまたまた毎日更新頑張れるの。
謹んで、お礼を申し上げまする。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ

チョッキンにためらいはないっ!!

常湿で育成しているベゴニア「リトルミスマニー」

8月の終わりに一度剪定して姿を整えたんやけど

1_20161028130549881.jpg


ちょっと眺めとったら



この横に伸びてる枝が気になって・・・

2_20161028130550448.jpg



チョッ!

3_20161028130552e7b.jpg



キン!

4_20161028130553b54.jpg


一枚だけ葉っぱを残したのは・・・何となく。。。



ポトリと堕ちた落ちた姿は



やけに哀しい赤やった。。。

5_20161028130555fc2.jpg



・・・っていう感傷にふけることなく



下の葉っぱも



チョッキン!

6_20161028130607406.jpg



上の葉っぱも1/3ほど


チョッ

8_2016102813061078b.jpg



キン!

7_20161028130608d3b.jpg



水苔で巻き巻きして

9_20161028130611e4a.jpg




ハイドロボールボールに植えたった!

10_201610281306133fd.jpg



あ、ここに植えてた前のは



自宅トロピカルゾーンのコークグラスに移植したん

12_20161028131718e8c.jpg



根っこが出たら親株鉢に移植やね~

11_20161028131716932.jpg



 「単なる剪定やんか・・・」って思った方はコメントしてポチッとしてね
       「毎日やでっ!! 忘れんといてやっ!!」グッド!
みなさんの「ポチッ」のおかげでまたまた毎日更新頑張れるの。
謹んで、お礼を申し上げまする。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ

木曜日のレイアウト・・・トリミング解説編

毎週木曜日に水草水槽のレイアウトを少しずつやっていくという企画



前回はレイアウトについての解説をやったので



今回はトリミングの解説



植え込んでから2週間が過ぎたら

10_20161013120554ede.jpg


こんな感じに伸びているので

1_2016102710250420d.jpg



一回目のトリミングを決行



今回トリミングの目的は密生化なので



出来るだけ低い位置でカット

3_20161027102507bf8.jpg


傾斜を保つために奥に行くほどカットする位置をやや高くしておくん

4_201610271025081cf.jpg


こんな感じに

5_20161027102510feb.jpg




カットしたモノは長さを揃えて区分けして

6_20161027102531f8b.jpg


カットした茎からは新しい芽が出るんやけど、差し戻した方が成長が早いん



せやからカットした茎より低い高さまで植え込むんよ

7_201610271025333a6.jpg
8_20161027102534cc6.jpg
9_20161027102536fd2.jpg



隣のルドウィジアspスーパーレッドも長いもんだけ根元付近でカット

10_2016102710253752f.jpg



長さを揃えて分けて

11_201610271034463ca.jpg



ルドウィジアは葉っぱが広いので下葉を1/3ぐらいでカットして、植えた時の底床のアンカーにするん
(この作業が一番めんどくさい・・・・)

12_2016102710344781c.jpg



ロタラと同じようにカットした茎より低めに植えて

13_20161027103448ff9.jpg



ルドウィジアのようなまっすぐ伸びずにうねりやすい有茎草は密に植えるとまっすぐ伸びるようになるんよ



その他、ミリオフィラムとベトナムゴマノハグサも同様に体裁を整えて終了


びふぉー
2_20161027102505265.jpg


あふたぁー
14_20161027103450a93.jpg



全体はこんな感じに

15_201610271034525ca.jpg


ダッチアクア部分のトリミングはこんな風に密生化させながら長さを管理して全体のバランスを維持していくの



なので頻繁なトリミングが必要なんよ



これをめんどくさいと思うか、楽しいと思うかなんやけどね。。。



 「ちょっとめんどくさい・・・」って思った方はコメントしてポチッとしてね
       「毎日やでっ!! 忘れんといてやっ!!」グッド!
みなさんの「ポチッ」のおかげでまたまた毎日更新頑張れるの。
謹んで、お礼を申し上げまする。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ

水草水槽でのアピスト稚魚育成プロセス

今までアピストを累代繁殖させてきて


色んなところへ幼魚が里子に旅立って



その里子がまた繁殖している便りを聞くこともあって


めっちゃ嬉しいねんけど



たまに繁殖した後の稚魚の育成方法を聞かれることも多いので



僕の育成プロセスを書いといてもええかなって思うん


アピストってスポンジフィルターを使った低pHの水質で飼う必要があるって良く思われているけど、弱酸性~中性の水草水槽でも繁殖できる種類は結構あるんよ。

まぁ普通にカラシンなどが元気に飼えてる状況の水草水槽なら何の問題もないのよ


僕は水草水槽でしか繁殖させた事が無いから、以下はあくまで水草水槽での育成プロセスって思ってね



丁度アピストグラマ・パンドリーニが壁面フィルター水槽で子育て中なので


順を追ってみるね~



まずはペアの導入(これがなきゃ始まらない・・・)

4_2016030510241112c.jpg


こうしてペアが水槽に落ち着いたら流木の裏面や狭い隙間なんかに卵を産みつけるん


(カカトゥオイデスの卵)



3・4日ほどしたら孵化して

2_2016101410223535c.jpg
4_2016101410223886d.jpg


ヨークサックがまだついてるので餌は食べないけど

この時点でブラインシュリンプを湧かし始める


2日ほどで自由遊泳し始めるので

3_2016072316113918e.jpg


ブラインを1ccぐらい投入する

4_20160626081604754.jpg



稚魚のおなかはブラインでオレンジになる

5_20160626081606261.jpg



ここから2・3週間ほどが親子で子育てをするのを楽しめる最高の期間なんよ


産卵後にメスが超鬼嫁となってオスをボロボロにすることもあるのでその時はオスを隔離するけど

水草水槽では隠れるところがたくさんあるので、ほとんどがオスメス協力し合って子育てするん

2_20160723161138c8a.jpg
4_201607231611410e4.jpg


アピストはだいたい3週間ほどで次の産卵時期に入る


先に生まれた稚魚と一緒に世話をするペアもいるし、先に生まれたのを排除(食べちゃう!)するペアもいる


なのできちんと残したい場合はこの頃の稚魚を隔離する


稚魚はホースにパイプをつないで

2_20160427102059343.jpg
1_20160427102057c34.jpg


吸い出すのが一番いい捕獲法


隔離したら餌の密度が増えるので成長もグンと良くなるん

6_201604271021174d5.jpg


2ヶ月ほどして若魚サイズになったら

2_201606041228304b9.jpg


別水槽で育てると


綺麗なF1に育つのよ~

1_201610261013328bb.jpg


綺麗な若魚を次の種親候補にしてペアリングさせると累代繁殖が出来るんよ。



どうえ?


やってみぃへん?


※おことわり
僕が飼っているのはブリードモノのアピストです。
現地採集のワイルドモノが水草水槽でうまく飼えるかどうかは知りません。
高価なワイルドモノを試しに水草水槽で飼ってみるというのはお勧めできません。
またアピストの種類によっては水草が育たない低pHでしか飼えないとされているものもあります。
当たり前の事ですが、事前に充分生態を調べてから導入することをお勧めします。


 「そんなことやってたんかぁ~」って思った方はコメントしてポチッとしてね
       「毎日やでっ!! 忘れんといてやっ!!」グッド!
みなさんの「ポチッ」のおかげでまたまた毎日更新頑張れるの。
謹んで、お礼を申し上げまする。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ

「ヒメイタビ」・・・パルダリウムの名脇役

パルダリウム2の壁面では「ヒメイタビ」が

1_20161025095111e64.jpg


スイッチオン!



どんどんと拡がってきてるん

2_20161025095113776.jpg


もともとアクアテーラーズさんの抽選会で当たったこのケージに植えられてたもので

8_2016102509513238a.jpg



ガラス面にでも根を張る強壮なツタ

9_201610250951345da.jpg



葉っぱの大きさが小さいので他の植物の邪魔にならないし



結構成長が早くて



パルダリウムボトルでも切り戻しをせなあかん状態

7_2016102509513107f.jpg



このツタは伸ばす方向を誘導しやすいから、とっても使いやすいのん




なので

この先を

4_20161025095116041.jpg



U字工事して

5_20161025095117231.jpg



内側の密度を上げるたくらみ

6_201610250951302d5.jpg



こんな感じで壁面を覆って行くととっても自然っぽくなるのん



名脇役やんね

3_20161025095114506.jpg




 「可愛い葉っぱやね~」って思った方はコメントしてポチッとしてね
       「毎日やでっ!! 忘れんといてやっ!!」グッド!
みなさんの「ポチッ」のおかげでまたまた毎日更新頑張れるの。
謹んで、お礼を申し上げまする。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ

ロタラを前景に使ってみぃへん?

後景や中景部分によく使用される有茎草、ロタラ


手間と時間はかかるけど、前景に使えるんよ



反転色彩水槽には

1_201610240845364af.jpg



ロタラspベトナムHraを前景として植えてるんやけど

4_20161024084539857.jpg


今月初めに植えて、根付いてからどんどん成長したん



これくらい伸びたら根元付近でカットして

3_20161024084537bd8.jpg
2_20161024084537548.jpg



差し戻す

6_20161024084554162.jpg
5_20161024084540a16.jpg


これを何回か繰り返していくと


「矮化」して小さなロタラになるん

7_20161024084556ad3.jpg



差し戻し1回目やから密度も低いけど

9_20161024084559627.jpg
8_201610240845572db.jpg


もう2、3回やったら


びっしりと群生状態になるんよ


どや?



一度、ロタラを前景に使ってみぃへん?


紅葉はまだまだやね・・・

10_20161024084600801.jpg


 「矮化って面白いね」って思った方はコメントしてポチッとしてね
       「毎日やでっ!! 忘れんといてやっ!!」グッド!
みなさんの「ポチッ」のおかげでまたまた毎日更新頑張れるの。
謹んで、お礼を申し上げまする。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ

葉っぱリストもアクアリストも必携、優れモノアプリ

ちょっとちょっと!


このページの閲覧者さん!


ええブツおまっせ!


室内で葉っぱやるオシャンティーなあんさんにピッタリ!


これ見てみ!




照度計アプリでおま!

1_201610230826038f9.jpg


どう使うんかと言うたら・・・



例えば大阪在住Yさんの部屋では

2_201610230826030fd.jpg



こんな感じで

3_20161023082605169.jpg



葉っぱのあるところの照度を把握して

4_20161023082606d81.jpg
5_20161023082607cee.jpg
6_201610230826225de.jpg
7_20161023082623ea0.jpg

耐陰性の違いで葉っぱの置く位置を決められるんよ


さらにアクアリストのあんさんやったら


使ってる照明の照度や

GEX パワーIII 600
11_20161023083150735.jpg


新しく照明を買うときショップで比較検討するのんに役立つんよ

メタハラ150W
12_20161023083151404.jpg
(さすがメタハラ!!)



どうえ?


使うてみとなったやろ?



 「理科の実験みたい」って思った方はコメントしてポチッとしてね
       「毎日やでっ!! 忘れんといてやっ!!」グッド!
みなさんの「ポチッ」のおかげでまたまた毎日更新頑張れるの。
謹んで、お礼を申し上げまする。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ

メイキングof「ジブリウム2016」 episode 3

メイキングof「ジブリウム2016」 episode 2で 



「誰かぁ~ ピンアディフィダ送ってぇ~」


て呼びかけたら


早速、届いた!!

1_20161022103907816.jpg



箱の裏にはさりげなくステッカーが!!

2_201610221039081a2.jpg



中には

3_20161022103910ca4.jpg



「溶けるなっ!」の念とともに

4_201610221039127f6.jpg



少しやないよね~♪



ありがたぁ~く、使わせてもらうことに



まずは水槽画像をPCに取り込んで、その横に取り出した流木を置き

7_20161022103930293.jpg



画面を見ながら必要な場所にピンアディフィダを

8_2016102210393149d.jpg



ビニタイで括りつける

9_2016102210393382c.jpg
10_20161022103934117.jpg



流木を戻す前に、一番奥にベトナムゴマノハグサも仕込んでおく

6_201610221039284bf.jpg



PC画面を参照して流木を元に戻したら

11_20161022104619d2a.jpg



流木の枝や出っ張りの隙間に

12_20161022104621323.jpg



残ったピンアディフィダを挟んでいって

13_201610221046223fa.jpg

15_20161022104625d89.jpg
16_20161022104837b92.jpg


終了

14_20161022104624df7.jpg



おかげで一気にボリュームアップしたぁ!!

びふぉー
5_201610221039130f3.jpg

あふたぁ~
18_20161022104839f57.jpg



静岡のヨッシーさん、本当にありがとう!!



箱の中からこんなんも出てきたけど・・・


新しい固形肥料かと思った。。。

17_201610221048387d9.jpg



あ、僕のための肥料やったのね・・・


 「間に合うんやろか?」って思った方はコメントしてポチッとしてね
       「毎日やでっ!! 忘れんといてやっ!!」グッド!
みなさんの「ポチッ」のおかげでまたまた毎日更新頑張れるの。
謹んで、お礼を申し上げまする。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
プロフィール

YOSSY

Author:YOSSY
大阪を拠点に音響屋さんやってます
たまにステージに立ちます

アクア歴29年
アグレッシブなアクアライフを送ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
フリーエリア
Instagram
過去のレイアウト
いんすたぐらむ
アクセスカウント
オンラインアカウント
現在の閲覧者数: