BBに行ってきた

昨日、一昨日、大阪では「BORDER BREAK」というイベントが開かれていて


僕は当初、土曜日に行くつもりやってんけど


仕事の都合で行けなくなってしまってん・・・


でも昨日、朝から用事が早く済んだので行ってきたんよ~♪


会場はいつもより混雑してへんかって

3_20180624225648951.jpg

4_20180624225650270.jpg

ゆっくり見て廻れたん



そしてベゴニアで有名な「ポンポコ村」さんが素敵なケースを手作りしてたん

5_20180624225651b77.jpg



このケースは積み重ねることが出来るので非常にええ感じ

6_20180624225653762.jpg



その作りと改良点を色々話してきたんも今回の収穫やね



ここに来る目的はお友達と会うことと、出展者さんたちに会って色々話すことが大きな目的やねんよ



でも手ぶらで帰るのは嫌やし・・・



色々買ったんやけど、大事な戦利品を持ち歩きたくなくって



いつもお世話になってる自宅近所の植物屋さんも出店してるんで

7_20180624225654eae.jpg


撤収の際に持って帰ってきてもらうよう預けちゃった。。。

1_20180624225646765.jpg



今日の夕方、引き取りに行かな。。。




「そのケース、いいね~」って思った方はコメントしてここを→にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へポチッとしてね
       「毎日やでっ!! 忘れんといてやっ!!」グッド!
みなさんの「ポチッ」のおかげでまたまた毎日更新頑張れるの。
謹んで、お礼を申し上げまする。


スポンサーサイト

痛恨のミス

いつもは充分気をつけてるんやけど・・・



その日に限って、フペルジアの水やりの時に・・・



先っぽ踏んづけてもうて・・・



根元の方で「プチッ」と嫌な感触が。。。
(自分の髪の毛を肩で抑えて首回した感じ)


無事を願って3週間ほど置いといたけど・・・



願いもむなしく枯れやった。。。

1_20180623114218b13.jpg

2_20180623114220067.jpg


先っぽまでカサカサに。。。

3_20180623114220dfb.jpg




仕方ないので涙をのんでカット

5_20180623114223685.jpg




元株には何の影響もないし

6_20180623114224da8.jpg



根元から新しい葉っぱも伸びてるし

7_201806231142261cf.jpg



ゴエペリブルーは比較的成長が早いから



何年か後にはあれくらい伸びてる・・・はず。。。



なんかスッキリした・・・って思っとこ。。。

8_2018062311422852a.jpg




「やってもうたのね~」って思った方はコメントしてここを→にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へポチッとしてね
       「毎日やでっ!! 忘れんといてやっ!!」グッド!
みなさんの「ポチッ」のおかげでまたまた毎日更新頑張れるの。
謹んで、お礼を申し上げまする。


アピストの種親を育てる

この前のオフ会でちょっと話題になった話




「アピストグラマの累代繁殖をするうえで重要なのが種親の育生」



一番大事なのは選別なんよね



こういう話はあまりアピストカテでも載ってこないし、何故かみんな独自のノウハウを表に出さない傾向があるって・・・



そこであえてこの記事を書くんよ




僕は最初の頃、生まれた稚魚全部から、良いのを種親に選ぼうと育ててたんやけど



F2稚魚が産まれた時点で



4~6週目ぐらいで10から15匹ぐらいを選び出して集中的に育てた方が良い種親を得られることに気が付いたん



たとえ100匹孵っても全部に餌を行きわたらせ綺麗に育て上げられる事はかなり難しいん



そこでじっくり様子を見ながら喧嘩に強い個体や、体格の良い個体、
追われてても何故か途中で反撃に転じる(メスが多い)個体を選んで残し、それ以外はストック水槽へ移動させるん



もちろんストック水槽から種親候補に昇格するものも出てくるわけやけど。。。

3_20180622105127cc5.jpg



現在反転色彩水槽に居る、青銀が強く出るアガシジF3選抜幼魚は

1_20180622105125f0d.jpg



テリトリーを主張するオス同士が出だして

2_20180622105126596.jpg



じっくり観察しているとその中でも種親候補になりそうなのが見つかるん

オス親候補

6_20180622105132817.jpg

メス親候補

7_201806221051330e7.jpg



これらも育てていくうちで変わることもあるけど、大抵このまま種親になることが多いんよ



それから、ブラインを投入するときにピペットに慣れさせるのも選別のためには大事やったりするん

5_20180622105130632.jpg



この時にじっくり観察できるし、捕獲も簡単やからね。




と、こんな感じで書いてみたけど伝わった?





「そんな風にやってたのね」って思った方はコメントしてここを→にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へポチッとしてね
       「毎日やでっ!! 忘れんといてやっ!!」グッド!
みなさんの「ポチッ」のおかげでまたまた毎日更新頑張れるの。
謹んで、お礼を申し上げまする。


なんか損した気分

毎日何かしらの遊びを一日に一つはすることを



ずっと続けてるんやけど。。。



昨日は何にも出来んかった。。。。



朝から23時までお仕事してしまった。。。



まぁこんな日が何年かに一回ぐらいあるやんね




せやけどなんか損した気分。。。。





家に帰り着いて真っ暗な水槽のノーザン君、誤ってフラッシュ撮影してしまったけど



さっと身を翻しやった・・・



さすがの反射神経!

1_20180622003743b95.jpg




「ちゃんと働いてるのね」って思った方はコメントしてここを→にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へポチッとしてね
       「毎日やでっ!! 忘れんといてやっ!!」グッド!
みなさんの「ポチッ」のおかげでまたまた毎日更新頑張れるの。
謹んで、お礼を申し上げまする。

浮上後3日目の赤ちゃんズ

反転色彩水槽で孵化したアピストグラマF4稚魚ズは



おかーさんの周りでもう自由に泳ぐようになって

1_20180620222021c64.jpg



あちこちはぐれてはおかーさんに引き戻され(BGMあり)





ブラインを噴射すると

2_2018062022202275c.jpg



どこにいるのか判らん。。。

3_20180620222023c57.jpg



お腹いっぱい食べたら

4_2018062022202383c.jpg



よたよた泳いでひたすら遊ぶ

5_20180620222025504.jpg



そんな3日目やった




「稚魚ず、愛らしわぁ~」って思った方はコメントしてここを→にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へポチッとしてね
       「毎日やでっ!! 忘れんといてやっ!!」グッド!
みなさんの「ポチッ」のおかげでまたまた毎日更新頑張れるの。
謹んで、お礼を申し上げまする。


時代の波に乗らないと・・・

世の中はデジタル化が進み・・・




音響の世界でも例外では無いん。。。




今更って言う気もあるんやけど、時代の波にのみ込まれる決心をして

1_20180619175350328.jpg




買っちゃった。。。

2_201806191753526fb.jpg



さらばアナログな相棒!!

4_20180619175354a64.jpg



頼むぞっ、デジタルなニューパートナー

3_201806191753539e8.jpg



と言っても基本的な入力は同じなんよね。。。

5_20180619175356a27.jpg


よしっ!!



このフローチャートさえ理解出来たら、乗りこなせそうやぁ~

7_201806191753597a7.jpg



といいつつ使い方をyuoutubeで観る。。。

8_20180619175401f8e.jpg




なんとかなる・・・やろ。。。




なかなか男前な顔やん♪

6_20180619175357b1a.jpg




アクアにはデジタルの波が来ないように願うわぁ~



「なんか解らんけど難しそうね」って思った方はコメントしてここを→にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へポチッとしてね
       「毎日やでっ!! 忘れんといてやっ!!」グッド!
みなさんの「ポチッ」のおかげでまたまた毎日更新頑張れるの。
謹んで、お礼を申し上げまする。

今度こそっ!!

昨日朝の地震で、沢山の方に心配していただき嬉しかったんよ~


ありがとう!


僕はちょうど京都で泊まりのお仕事で朝ごはん食べてた時に遭遇して


めっちゃびっくりしたけど無事やったん


で、仕事場の水槽たちがどうなってるか気になりつつも



仕事を終えて、運行を再開しだした電車を乗り継いで乗り継いで、



仕事場の最寄駅に近い別の路線駅まで辿り着き



あまりの長旅にバスを諦めてタクシーで戻ったら



何事もなかったのような様子に一安心




そして反転色彩水槽のアピストグラマ・アガシジF3ペアには

1_20180618220256982.jpg



F4が浮上してたん。

2_20180618220256ec3.jpg



早速ブラインシュリンプを噴射ぁ~

3_20180618220258b78.jpg



ブラインにまみれる稚魚たちは

4_2018061822025861f.jpg



ヨークサックも取れ、もうぐんぐん泳げるほど元気で



洞穴流木の中でしっかりと守られて育ってからの浮上やったみたい



数もかなりいるみたいやし

5_20180618220300ff9.jpg



・・・ってカメラを近づけてたら



おとーさんが!

6_20180618220301e40.jpg



こらあぁ!!

7_201806182203030f0.jpg



なに見とんじゃあ!!

8_20180618220304032.jpg



立派な防衛戦線を張ってたとさ・・・




前に生まれたF4はビル全体が38時間停電して、



それに耐えられず消えてしまったんやけど



今度こそはっ!



「元気そうな稚魚たちね~」って思った方はコメントしてここを→にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へポチッとしてね
       「毎日やでっ!! 忘れんといてやっ!!」グッド!
みなさんの「ポチッ」のおかげでまたまた毎日更新頑張れるの。
謹んで、お礼を申し上げまする。

発芽実験

この前採った、ベゴニアクロロネウラのタネ

5_2018053010435877a.jpg



発芽実験のため



百均タッパーウエアを用意して

1_201806170915586b1.jpg



いつもお世話になってる植物屋さんオリジナルの土(なんでも良く育つん)を

2_20180617091559966.jpg



3cmほど敷いて

3_20180617091600ed3.jpg



乾燥水苔を揉んで細かくし

4_20180617091601a0e.jpg

5_20180617091603674.jpg



上から振り掛け

6_20180617091604cf6.jpg




全体に霧吹きして

7_2018061709160589a.jpg



採集したタネを

8_201806170916073cf.jpg



ばら蒔いたった

9_20180617091608020.jpg




粉みたいなので判りにくぅ~

10_20180617091610bba.jpg



蓋をして、朝日が数分当たる窓辺に配置

11_20180617092047233.jpg



これで発芽する・・・?



う~~~ん



「やってみんとわからへん」




「『大科学実験』、懐かしいわぁ~」って思った方はコメントしてここを→にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へポチッとしてね
       「毎日やでっ!! 忘れんといてやっ!!」グッド!
みなさんの「ポチッ」のおかげでまたまた毎日更新頑張れるの。
謹んで、お礼を申し上げまする。

エアプランツの花

一昨日、仕事から帰って自宅パルダリウム2を見てたら

1_20180617082636be8.jpg



アンドレアーナに蕾が!

2_20180617082637364.jpg



唐辛子刺さっとるみたいやな~

3_20180617082637148.jpg



この水槽は日中の湿度が60~70%、夜間70~90%に変動するのでチランジアにはぴったりなん。




そして昨日、開花しとった

4_2018061708263952b.jpg



このアンドレーアナは一株の状態で買ったんやけど、その後開花して子株が出てたん



そのまま親株も枯れることなく、今回4つも花をつけてるん



チランジアって「花が咲いたら枯れる」って聞いたけど



そうでもないみたい・・・(種類によるんかな?。。。)



これって種、採れるんやろか?

5_2018061708264013a.jpg




「また種採るチャレンジ?」って思った方はコメントしてここを→にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へポチッとしてね
       「毎日やでっ!! 忘れんといてやっ!!」グッド!
みなさんの「ポチッ」のおかげでまたまた毎日更新頑張れるの。
謹んで、お礼を申し上げまする。

無換水生物濾過水槽への道

この前、オフ会での話題で



アピストグラマが何度も何度も繁殖している、無換水生物濾過水槽の話が出て



その中で「そういう水槽にするためにはどうスタートするか」ってなったの



この水槽は立ち上げたのが低pHを目指すための水槽やって



基本的にはスポンジ濾過を使って水替えをせず、pHを下げていくというものやったん



立ち上げ記事→こちら



で、一時期はpHが5.3まで下がったんやけど・・・



水草の窒素分消費でそれ以上下がらず、結果的に6.3近くで落ち着いてしまったん。。。



2014年12月に立ち上げてからずっと水替えしてなかったので



そのまま引き続いて今まで水替えをせずに維持してるん。



なので無換水生物濾過水槽を意図的に作ったわけでは無いんよ・・・



でも新たにそういう水槽を作ろうとしたら



※濾過はスポンジ(エアリフト方式)で始めて(僕の場合スペースを撮りたかったので自作)



※水草をかなり多く植え込み(初期は成長の速い有茎草が良い)



※ガラス面は観賞に必要な前面のみコケ取り



※安定しだしたら水中の肥料吸収が良い活着する水草を足す



こんな感じでそのうちスポンジが目埋まりして機能しなくなる頃には



水槽全体での生物濾過が出来上がっているっちゅーわけやね♪



究極は「ふりむけばアクア」でお馴染みのKomaojiさんが記事にしている水槽なんよね(勝手にリンク貼っちゃいました…すみません)



「水替えもせず、濾過掃除もせず、コケもなし」・・・・



まだまだやなぁ~

1_20180615151339340.jpg




「究極の水槽目指してるのね~」って思った方はコメントしてここを→にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へポチッとしてね
       「毎日やでっ!! 忘れんといてやっ!!」グッド!
みなさんの「ポチッ」のおかげでまたまた毎日更新頑張れるの。
謹んで、お礼を申し上げまする。
プロフィール

YOSSY

Author:YOSSY
大阪を拠点に音響屋さんやってます
たまにステージに立ちます

アクア歴29年
アグレッシブなアクアライフを送ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
フリーエリア
Instagram
過去のレイアウト
いんすたぐらむ
アクセスカウント
オンラインアカウント
現在の閲覧者数: